01.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
「マガディーラ 勇者転生」絶叫上映@新宿ピカデリー(2018.9.20)前説

いや~既に懐かしい感じになってますね。
9/20に行われた「マガディーラ 勇者転生」の絶叫上映を写真と共に振り返ります。

02.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
愛の戦士を称えよ!!!

「マガディーラ 勇者転生」は2009年に公開されたインドのテルグ語ロマンティック・アクション映画(そんなジャンルがあったとは)
もはやブームというレベルを超え、金字塔を打ち立てた日本での「バーフバリ」人気を受け、
同じくS・S・ラージャマウリが監督を務めた「バーフバリ」の原点と言われるこの作品が劇場公開となりました。
そんな作品をV8Japanが絶叫上映をやらない理由がない!



03.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
マガディーラは現代パートがあるからコスプレのハードルが低くて助かります(笑)
という事で今回私は僭越ながら大好きなテンガロンハット姿のハルシャ君で。
このシーンの歌とダンスが本当に素敵なんですよね!
1回目の絶叫上映には参加出来なかったけど、2回目が決定したその日にハット購入していました。



04.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
V8Japan前説組、愉快な仲間たち。
バーフバリ絶叫のときとはまた違うこのカオスな画ヅラ。
私はこの日に初対面だった新たな仲間パッション姉御さん(@nyanginchaso )も加わり、より華やかに!



05.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
もはや劇団V8Japan。



06.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
怪しすぎる祈祷師ゴーラは、いつも凛としたサリー姿で一緒に前説してる野口さん@deeeeeva)ですよ。もう誰だか分からない(笑)
前説中ずーっとゴーラを演じて腰悪くしそうな姿勢で頑張っていました。さすが女優です。



07.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
ゴーラちゃん、カメラ向けると必ず目を剥いてくれます。ちょっと怖い。
この杖も手作りですよ。芸が細かい!



09.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
場所はいつもの新宿ピカデリー、スクリーン1。
もはや実家のような安心感を感じます。



10.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
ナッコちゃん(@_nacco)のレヘンガ姿も大変に麗しく素敵だったなぁ、
普通に日本のインド衣装店で買えば3、4万円しそうなレベルの絢爛豪華な刺繍が施されているんだけど、自分で本国にオーダーメイドで発注したのでお買い得にゲット出来たのだとか。
この界隈の民達のそれぞれの分野のプロフェッショナルぶりには感嘆しきりです。



11.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
ちなみに、映画の中でも重要な小道具として出てくる白いストールを持ちたかったんですけど、
やたら高いものしか見つからなかったので無印で買った白いタオルぶら下げてました。ゆるい。
湘南乃風のライブではないぞ。



12.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20) - コピー
ゴーラちゃんにビビッ⚡️ときてしまったハルシャ…
というより、ブリーダーと飼い犬みたいになってしまった。




前説で、主演のラーム・チャラン氏のFacebookのコメントを読み上げる部分を私が担当したんだけど、ヒューヒュー言ってくれる皆さんのノリの良さよ!(笑)
「イケボ」なんて言われるの初めてで照れるぜ…。
暖かい声援、ありがとうございます(*´∀`*)



14.マガディーラ絶叫@新宿ピカデリー(2018.09.20)
凄い熱気で盛り上がり、めちゃくちゃ楽しかった!
黄色い声が多いという噂は本当で、実際私もキャーキャー言ってしまいました!
マガディーラにはストーリー上、太鼓が大活躍するシーンがあるので、特別追加ルールとして太鼓がOK(打面25㌢以内・バチNG=手で叩く)だったんですけど、効果抜群ですね。
ここぞというシーンで一心不乱にドコドコ太鼓を叩きまくるお客様達が最高でした(笑)
写真中央上部の、マハラジャシートで一人頑張り続けた王族の方もジャイホー!!!



マガディーラ絶叫最高~~!!(映画公開のTVCM風に)

バーフバリとはまた違った独特のノリ、中毒性があります。
またやりたいな~!!ディーラ♪ディーラ♪




…と、思っていたら!!!


2018年12月15日(土)に、キネカ大森にてマガディーラのマサラ上映が開催されるそうですよ奥さん!!(説明口調)

こちらは有志の方による主催との事で、その行動力にジャイホー!
天竺奇譚先生(@tenjikukitanの「インド神様講座」に、
MasalaPress代表アンジャリさん(@masala_pressのMCなど、豪華で強力なバックアップメンバー。
(V8Japanもちょこっと協力をしております)

なんと言っても、
「発声/鳴り物/紙吹雪/クラッカー10発まで使用可」
「歌とダンスのシーンのスタンディングOK!!」
ってレギュレーションに歓喜!
みんなが待ち望んでいたものがここにある!

私もお客さんとして参加したいなぁ~~(スケジュールの調整が付けば…)